学生と社会人の違いとは?

NEWS

新卒の就職活動の流れ

新卒の就職活動の流れ
学生の就職活動

学生の就職活動

学生の就職活動は毎年大企業の多くが参加する「経団連」によってスケジュールが決まります。最近は、大学3年生の3月から説明会がスタートし、大学4年生の6月に面接が解禁されています。しかし、「経団連」に加盟していない外資系やIT企業などは違うので注意が必要です。スケジュールはあくまでも指針なので、自分で志望企業や業界の情報を集めることが必要です。では、学生の一般的な就職活動の流れを紹介します。

経験値を積む

経験値を積む

自分が働きたい志望業界や企業が決まっている人は、大学1年生〜3年生のうちにその企業や業界でアルバイトをしておきましょう。自分の体験を通しての業界研究や得た知識は採用試験の際にも大きなアピールポイントになります。また、大学3年生の夏から4年生の春までには、インターンシップに参加しましょう。インターンシップとは、大学生が一定期間企業で働く企業体験のことです。インターンシップへの応募は、インターンシップ情報を集めた情報サイトからエントリーすることができます。志望業界や企業が決まっている場合はその企業の公式サイトをチェックしておくと良いでしょう。

企業の情報を集める

企業の情報を集める

就職活動の第一歩はプレエントリーから始まります。プレエントリーとは関心のある企業に氏名やメールアドレスを送り関心があることを意思表示することです。プレエントリーをすると、企業の説明会や案内、採用情報を集めやすくなります。また、企業説明会の参加も企業の情報を集めるのに有効です。企業説明会とは、企業が自社の特徴や採用情報を説明します。説明会終了後には筆記試験を実施する企業もあります。他にも、企業説明会でエントリーシートが配布され、説明会の参加者だけが選考に応募できる場合もあります。

採用試験を受ける

採用試験を受ける

企業の採用選考を受けるためにはエントリーシートの提出が必要です。履歴書と必要書類を提出する場合やエントリーシートのみの提出、課題提出など企業や業界によって形式は違います。エントリーシートは自分が考えてきた業界研究や自己分析などをアピールするものです。エントリーシートが通過すると次は筆記試験です。筆記試験は、企業ごとに独自に作成したものと、SPI・玉手箱など外部のWebテストを利用する場合の2タイプあります。SPI試験は多くの企業が利用しているので、参考書も発売されています。筆記試験の後は面接があります。面接には個人面接と複数の学生が一度に面接するグループ面接があります。他にもグループディスカッションや逆面接などもあります。面接は学生と企業のマッチングや学生の本質を見抜く場所でもあるので、面接を重ねるごとに重要度が増していきます。

内定の発表

内定の発表

エントリーシートを提出し筆記試験、面接を終えると最後は内定の発表です。内定通知は、基本書面やメールで送られてきます。面接中に口頭で告げられる場合もありますが、内定を受けるか断るかは学生の判断になります。内定を辞退する場合はできるだけ速やかに企業に伝えることが必要です。

仕事探しのススメ