学生と社会人の違いとは?

NEWS

社会人の転職活動の流れ

社会人の転職活動の流れ
転職の目的とスケジュール

転職の目的とスケジュール

社会人が転職する時に一番重要なのは、何が目的で転職を考えたかと言うことです。目的もなく転職を考えてしまうと、転職活動に時間がかかりどんどん焦りや不安に襲われ、自分の求めている転職にならない場合があります。自分が何のために転職するのか、紙に書き出しその目的に合わせて転職活動をしましょう。また、転職活動をする時は、いつまでに転職先を決めるかを考えスケジュールを立てましょう。一般的には3〜4ヵ月と意外に短い期間なので、効率よく活動ができるように転職の成功をイメージしながらToDoリストを作成することをおすすめします。

企業の情報収集

企業の情報収集

今はインターネットの普及により様々な媒体で求人情報を知ることができます。そのため、いつでもどこでも少しの時間で求人を探すことが可能になりました。しかし、手当たり次第に求人を探しても、その情報が自分の転職の目的に合った求人なのか、情報が本当に合っているのかなどを見極めなければいけません。より正しい求人や企業情報を手に入れることが、転職を成功させる重要な条件になります。

求人の応募に重要な書類

求人の応募に重要な書類

自分の条件に合った企業の求人があったら応募しますが、一般的に書類選考があるので、そのためには履歴書が重要になります。新卒の求人とは違い、きちんとした自己分析や職務経歴が必要で、それによって面接官への印象が変わります。まず、自己分析をしっかりし長所や強みをきちんと説明できるようにしましょう。企業によってはポートフォリオを求められることもあるのでしっかり作成しておきましょう。次は今までどんな職務に携わって成果を出してきたのかを伝える職務経歴書です。企業は履歴書や職務経歴書で応募してきた人を判断します。どのように作成すれば、自分を企業にアピールすることができるか時間をかけて丁寧に作成しましょう。

企業との面接と内定

企業との面接と内定

書類選考が通過すると次は面接になります。企業のビジョンや特徴を調べておくと、面接官が自分に何を期待しているのかがわかり、自分の言葉でこれまでの経歴をしっかりとアピールできます。面接が成功し希望の企業から内定をもらえたら、企業との条件調整や入社日の調整です。無職の人はそのまま入社することができますが、就業中の人は会社との退職手続きが必要となります。退職時は、たとえ転職理由が職場の不満だとしても、前触れもなしに退職願や退職届を出すとマナー違反になり、特に転職先が同業種の場合は自分のイメージが悪くなる場合があります。

仕事探しのススメ