学生と社会人の違いとは?

NEWS

「コミュニケーションの取り方」の違い

「コミュニケーションの取り方」の違い
学生のコミュニケーション

学生のコミュニケーション

学生同士のコミュニケーションは、対等な関係が多いため自分の言いたいことを言い合い、話が合えばコミュニケーションが取れたと感じます。そのため、話が合わない人は、コミュニケーションが取れない人となり、友達にならないで終わってしまいます。また、学生がコミュニケーション力が高いと思っている人は、友達を笑わせ、一緒にいて会話が弾む人です。このように学生のコミュニケーションは相手に対する要求を含まなくても、人間関係が円滑であれば良いのです。

社会人のコミュニケーション

社会人のコミュニケーション

社会人は上下関係が存在するコミュニケーションになります。上下関係とは、上司と自分、顧客と自分などで、相手がだれであろうと相手の要求や行動を起こすようなコミュニケーションが必要です。また、相手によってコミュニケーションの取り方が変わります。では、社会人のコミュニケーションの取り方を詳しく紹介します。

上下関係を重視

上下関係を重視

上司や顧客とコミュニケーションを取る時は、まず相手への気遣いが必要となります。相手への思いやりをきちんと表すとコミュニケーションは良くなります。次に上司とうまくコミュニケーションを取るためには、情報を効果的に伝えることです。意思決定するのは上司の役割なので、自分の情報提供によってコミュニケーションの内容が変わります。また、組織の中で上手にコミュニケーションが取れるかどうかは、上司にどれだけ寛容になれるかが大事になってきます。上司も人間なので、弱いところや間違いもあります。上司を批判するのは簡単ですが、そのせいでコミュニケーションが取りづらくなってしまってはいけません。

感情や価値観の重視

感情や価値観の重視

社会人として働いていると、要求を受け入れてもらわなければいけない場面があります。要求を受け入れてもらいやすくするためには、相手の感情を理解することが必要です。自分の言うことが正しくても、相手の感情が拒否していてはそこでコミュニケーションが終わってしまいます。相手が今どのような感情でいるかを見極め、コミュニケーションを取りましょう。また、相手と自分の価値観を合わせることも重要です。価値観の中に時間も含まれています。特に長い話は嫌われがちになり、聞いてもらえないこともあります。無駄を省いた簡潔な表現で話をすることが必要です。そのため、簡単にすませたい場合やじっくりと話をしたい場合など、相手の行動を見てコミュニケーションを取りましょう。

仕事探しのススメ